本文へスキップ

サイトのプランニング

サイトのプランニングをしよう!

どうやってサイトを作ればいいかわからない人に



このページではサイト作成の初期段階のプランニングの重要性についてお話しします。


初心者のうちは運営しているサイトが1つとか2つなので管理も作成もまだ楽なのですが、長く続けていけばサイト数が増えていきます。そうなった時にプランがないと全てが中途半端になって「出来そこないのサイトが量産」なんて事にもなりかねません。


個人的には、慣れるまでは1つのサイトがある程度完成するまで一気に仕上げることをおススメします。というのも、あれもこれもと少しずつすべてを同時に仕上げようとすると、途中で飽きたり他のサイトに目移りしがちになります。ある程度までは1つに絞り一気に仕上げるのが完成まで到達するコツです。


最初のうちは「あの商材もしたい、この商材も・・・」とあれこれ商材を扱いたいくなりますが、1つのサイトに複数のジャンルの商材を扱うとサイトのテーマがぶれてしまって、いったい何のサイトを作りたいのか?何を相手に伝えたいのかがあやふやになってしまいます。


そういうサイトは「なんだ、アフィリサイトか」なんてユーザーに不信感を与えるだけだったりします。個人的には1つのジャンルを突き詰めてサイトを作っていく方が、効率が良いですし、グーグルにも好まれる気がします。


前置きが長くなりましたが、プランニングの進め方ですが、以下は私がサイトを作る時のチャートです。人によってやり方は色々だと思いますが、どうしたらよいか分からない方は参考にしてみてはいかがでしょうか。





いつもこんな感じでサイトを作っています。サイトを作る時は自分なりの「作るスタイル」があると、サイトを作るたびにどう作ろうかと迷う事が減るので、早いうちに自分のスタイルというかパターンを決めてしまう事をお勧めします。


それでは具体的にチャートの説明をしていきますね。


1.取り扱う商材を決める
当たり前ですが、アフィリエイトサイトを作るのにアフィリエイト商材がないテーマを選んでしまってはサイトを作る意味がありません。ASPサイトでまずはどの商材を扱うのかを決めましょう。


2.市場調査を行う
サイトで扱う商材が決まったらネットで検索してアフィリエイターの状態を確認します。いくら単価が高くてもベテランアフィリエイターが大量にいる市場だと初心者が勝負するのは無謀というものです。「いやいや俺は絶対に負けんよ」というチャレンジャーはどんどんチャレンジしてもいいと思いますが、竹やりで戦車に突っ込んでいくようなものです。


とは言え、日本には380万人以上もアフィリエイターがいるわけですから、アフィリエイターが1人もいない市場などありません。扱いたい商材に関連する様々なキーワードで検索して裾野に入りこめるかどうかチェックしてみましょう。


仮にアフィリエイトサイトが多い市場であっても、ニーズ(キャパ)が多ければ参入する価値は十分にあります。後でお話しする「キーワードの選定」次第では初心者でも、勝負することが可能です。


そしてサイトを作る為の資料を準備しましょう。今はインターネットで情報はいくらでも手に入ります。サイトを作る時にネット上の情報をかき集めて作る人が多いのですが、その時点ですでに負けています。


ネット上にある情報をリライトして作ることは重複コンテンツ扱いになりますしアルゴリズム的にも不利です。ネットの情報でサイトを作るよりも、リアルな世界で入手した情報でネット上にないサイトを作るからこそ、後発組でも勝負できるのです。


3.サイト全体のテーマ(キーワード)を決める
扱う商材に対してのキーワードを調査した結果に基づいて決定します。例えば「ブルーベリーサプリ」を扱うのであれば、「視力回復」、水着を扱うなら「プール」といった感じです。商材自体をキーワードにするのもいいのですが、ライバルが多すぎるので商材に結びつく(連想させる)キーワードが良いですね。


ちょっと難しくなってきましたか?このキーワードの選定は慣れれば難しくありません。いくつも失敗サイトを作り研究すれば誰でも上手くなっていきますので頑張ってください。昔NHKのクイズ番組で「連想ゲーム」というのがありましたがあれと一緒です。


4.各ページのキーワード(サブ)を決める
この段階が成約に至る大切な過程になります。トップページ以下のサブページのキーワードを決める作業になりますが、思いつきでページを作ると大抵ここでポシャリます。以下の画像は私が今作っているコンタクトレンズのサイトのメモページです。




汚い字でホントすみません(汗)私は根っからの面倒くさがり屋で、これに時間を掛けたくない人なので・・・どうせ自分しか見ないし・・・


いやいやそんなことよりもこのページの左下と右側がサブページのキーワード選定をしている部分です。ちょっと拡大してみます。





この部分はノートの左側の拡大です。この部分はコンタクトを成約させるページではなく、リンクをもらうためのページのキーワードなのですが「サブ1」「サブ2」とか書いているのがサブページに使うキーワードです。


この選んだサブキーワードに対するサブページを作成していきます。コツは基本は1ページに1つのキーワードについてのみ書く事です。途中でその他のキーワードが浮かんでしまったら、このページに書き足しておいて後で、そのキーワードの別のページを作成します。こんな感じで記事をひたすら書いていきます。


文字が○で囲っているのは、そのキーワードで別のサイトを作った方がよりアクセスが集まる場合や別のアフィリエイト商材でサイトが作れるとかそんな感じです。


こうやってサブのキーワードを決めてトップ以下のページがどの位になるのか、どういうページを作るのかをはっきりとさせておきましょう。


4.サイトのプランニング

ここまで決まったら、サイト全体の構造をプランニングします。ここはざっくりでも構いません、あとからページが増えたり減ったりしますので・・・最終的にどういうサイトに仕上げていくかラフにスケッチする感じです。


どんな感じかと言うと・・・





めちゃくちゃ字が汚いですね。本気であまり見せたくないんですけど・・・


読めないかも知れませんが、サイトのボリューム、サイトのツリー構造をどうするか、ランディングページはどれにするか、成約につながるページをどれにするかなどをメモっております。字が読めない、○はなんだとかは聞かないで下さい。私のみが知りうる情報です(笑)


5.サイトを作成する

ここまでやれば後はプランニングに基づいて何も考えずにサイトを作るだけです。もくもくと記事を書いていきましょう。


最後になりますが、サイトを作る前には「プランニングする」「記事を書く」このそれぞれの作業を別にする癖をつければ作業の途中で悩むこともなくなり、一気に最後までサイトを仕上げることが出来るのでぜひ実践してほしいです。


終わりのないレースは途中であきらめる事も多くなります。ゴールがないなんて拷問ですよ。最初にゴールさえ決めれば限られた時間で少ししかできなかったとしても前に進んでいけるのです。


  はてなブックマークに追加





記事を書くだけで検索順位を上げたい!って方には「賢威 (ケンイ)」というテンプレートがおすすめ。上場企業や中小企業のWeb担当者、 個人起業家、アフィリエイターやブロガーなど、2万を超えるユーザーが使っています。

賢威とは、SEO業界で圧倒的な実績を持つ「ウェブライダー」が、 そのノウハウを全て詰め込んだSEOテンプレートパックのこと。

テンプレートのほか、SEOマニュアルとサポートフォーラム(検索で上位表示させる賢威ユーザー限定のサポートフォーラム)もあって購入後のフォローが充実。

開発者の松尾氏とは知り合いでもなんでもなのですが、セミナーに過去2回ほど参加してみて、やり方が似てるなという部分が多かったです。ま、お互い上位表示では長けているので、当たり前っちゃ当たり前かもしれませんが...

テンプレートの価格は24,800円と少々お高め。公式サイトをよく読んで納得してからの購入しましょうね。実用的でないSEOセミナーに何回も出て無駄金と大量の時間を使って結果が出せなかったとなってるのなら、サクッと賢威を買ってSEOは専門チームに全てお任せして記事だけに集中でもいいのかなと思いますが...

SEOって思ってる以上に難しいです。僕もここまで来るのに10年以上かかっていますし...

2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】

サイト情報

いつも当サイトにご訪問下さって有難うございます。Affiliate Helperです、呼びにくいし長いのでヘルパーさんと呼んでください。

日々アフィリエイトを取り組んでいて、ふと気付いた何かを気が向いた時に「ぷぷっ」とネット上にあることないこと情報をまき散らしています。

ここにある情報が役に立つか立たないかはあなた次第という無責任なサイトですが、役に立ちそうな情報があればご自由にお持ち帰りください。

収入の8割はアドセンスなので私はアフィリエイターと言うよりもブロガーなのか!?

物販系アフィリエイトも一応生活できるくらいは稼いでいるので、私もアフィリエイターに入れて下さ〜い(笑)

有料のアフィリ教材やアフィリセミナーには過去一度も参加せず。作業も完全1人(記事の外注や自演リンクは一切なし)費用はほぼドメイン代とサーバー代のみ。

極力費用をかけずにアフィリエイトをチャレンジしたい方向けに体験談を綴っています。


プロフィールはこちら





→Twitterも宜しくです!