本文へスキップ

独自ドメインの種類、ドメインによるSEOの違い

独自ドメインにはどんな種類があるの?

独自ドメインを失効したらどうなる?再取得は出来るの?


もう少し独自ドメインについて説明を続けますね。

「独自ドメインを購入する」と言っていますが、ドメインは買うというよりはレンタルしている感覚に近いものです。と言うのも実は独自ドメインは1年ごとに更新があり、そのドメインを継続して使いたい時は更新料を毎年支払わなければならないのです。


ドメインの更新を忘れたらどうなるか?と言いますと、そのドメインは失効してしまいネット上から無くなります。ちなみにこの失効した状態のドメインの事を中古ドメインと呼び、質の良いものは中古ドメイン屋さんなどで高く売買されています。


失効したドメインは実は再び買い戻すことが出来ます。ただし、gTLDはドメイン失効後およそ75日後、汎用JPドメインは翌々月の1日からしか再取得が出来ません。今の時代だとヘタをすると再取得可能直後に他の人の手に渡ってしまう可能性があるのでご注意を。


独自ドメインは第1レベルドメインの種類によって値段が全く違いますが、作りたいサイトに見合った第1レベルドメインを選ぶようにしましょう。とは言え、人気あるの第1レベルドメインはすでに取得されていることが多いので、マイナーなものになってしまう事も多いのですが・・・


第1レベルドメイン(TLD)を分類すると、 分野別トップレベルドメイン(gTLD: generic TLD)と国コードトップレベルドメイン(ccTLD: country code TLD)に分類されます。

メジャーなgTLDには「.com」「.net」「.org」がありますが、その他にも「.edu」「.gov」「.mil」「.int」「.biz」「.info」「.name」「.pro」 「.museum」「.aero」「.coop」などgTLDは追加され続けています。


ちなみに各ドメイン名にはそれぞれ意味があります。例えば.comだと正式にはcommercial。それを省略したものですし、商用に利用されるドメインです。.netはnetworkを略したもので非営利団体に使われるドメインです。


ただし、定義はされていますが、仮に商用で無くても.comドメインは使用できます。つまりドメインとは関係のないサイトでも利用は出来るという訳です。


ccTLDとは、国や地域に割り当てられたTLDで250種類以上も存在しています。 ccTLDは大きく2つに分類されます。 1つはccTLD(「.tv」「.to」 「.cc」などで、もう一つは国/地域内に限定しているccTLD(「.jp」 「.au」「.us」などです。


詳しくは日本ネットワークインフォメーションセンターの公式サイトをご覧ください


様々なドメインがあるわけですが、個人で利用する際は特に選び方を意識する必要はありません。中でもco.jpのような企業が取得する高価なドメインもありますが、殆どのドメインは誰でも取得が可能です。


ドメイン別によるSEO効果の違いですが、最近噂になっているのは「日本語ドメインの場合はcomやnetよりも jpドメインがより強い」という噂です。ただ、Googleのアルゴリズムによって効果のあるSEOは常に変化するものですし、アルゴリズムは完全に解明されていないので実際の効果のほどは不明です。


個人的には「com」「 net」「 jp」を利用して同じテーマで違う第2レベルドメインで複数のサイトを運営していますが、今のところドメインの違いによるSEO効果がアクセス解析の数字には表れたことはありません。ドメインが違ってものアクセスの伸び方も変わりませんし、検索結果の優位性もあまりないと感じています。


グーグルの検索結果の上位の第2レベルドメインを見ていると「.jp」「.com」「.net」「.org」がやはり多いのが少し気になるところですが、これは使用されている絶対数が多いというのが関係しているだけなのかもしれません。ちなみにあの有名なwikipediaは「org」ドメインです。


個人的な意見ですが、一般のネットに詳しくない層はドメインなど意識していないものですし、ドメイン選びはあくまで個人の好みで決めればいいと思います。ちなみに私は「.jp」派です。値段は他の倍以上するのですが、日本のドメインと言う理由だけでよく使っています。


次のページでは数年アフィリエイトを続けてきた私が気にっているいくつかのドメイン屋さんを紹介します。

次のコンテンツ
独自ドメインを取得!独自ドメインを購入しよう!

前のコンテンツ
独自ドメインと無料ドメインのメリットとデメリット



    はてなブックマークに追加





記事を書くだけで検索順位を上げたい!って方には「賢威 (ケンイ)」というテンプレートがおすすめ。上場企業や中小企業のWeb担当者、 個人起業家、アフィリエイターやブロガーなど、2万を超えるユーザーが使っています。

賢威とは、SEO業界で圧倒的な実績を持つ「ウェブライダー」が、 そのノウハウを全て詰め込んだSEOテンプレートパックのこと。

テンプレートのほか、SEOマニュアルとサポートフォーラム(検索で上位表示させる賢威ユーザー限定のサポートフォーラム)もあって購入後のフォローが充実。

開発者の松尾氏とは知り合いでもなんでもなのですが、セミナーに過去2回ほど参加してみて、やり方が似てるなという部分が多かったです。ま、お互い上位表示では長けているので、当たり前っちゃ当たり前かもしれませんが...

テンプレートの価格は24,800円と少々お高め。公式サイトをよく読んで納得してからの購入しましょうね。実用的でないSEOセミナーに何回も出て無駄金と大量の時間を使って結果が出せなかったとなってるのなら、サクッと賢威を買ってSEOは専門チームに全てお任せして記事だけに集中でもいいのかなと思いますが...

SEOって思ってる以上に難しいです。僕もここまで来るのに10年以上かかっていますし...

2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】

サイト情報

いつも当サイトにご訪問下さって有難うございます。Affiliate Helperです、呼びにくいし長いのでヘルパーさんと呼んでください。

日々アフィリエイトを取り組んでいて、ふと気付いた何かを気が向いた時に「ぷぷっ」とネット上にあることないこと情報をまき散らしています。

ここにある情報が役に立つか立たないかはあなた次第という無責任なサイトですが、役に立ちそうな情報があればご自由にお持ち帰りください。

収入の8割はアドセンスなので私はアフィリエイターと言うよりもブロガーなのか!?

物販系アフィリエイトも一応生活できるくらいは稼いでいるので、私もアフィリエイターに入れて下さ〜い(笑)

有料のアフィリ教材やアフィリセミナーには過去一度も参加せず。作業も完全1人(記事の外注や自演リンクは一切なし)費用はほぼドメイン代とサーバー代のみ。

極力費用をかけずにアフィリエイトをチャレンジしたい方向けに体験談を綴っています。


プロフィールはこちら





→Twitterも宜しくです!