本文へスキップ

アドセンス 許可サイトと不許可サイトの設定方法

アドセンス狩り対策や不正対策

身に覚えのないサイトから収益があがっている時は?



アドセンスを始めると様々な警告が来ますが、中でも頻繁に表示されるのが「お客様の広告は、承認していないウェブサイトに最近表示されました。収益の損失を防ぐには、アカウント設定にアクセスして、広告を表示するサイトを承認してください。」というもの。


お客様の広告は、承認していないウェブサイトに最近表示されました。収益の損失を防ぐには、アカウント設定にアクセスして、広告を表示するサイトを承認してください。


どうして身に覚えのないサイトから収益があがっているのか不思議に思う方もいるかもしれませんが、これにはいくつか原因があるのですが、その中でもメジャーな理由を2つほど紹介します。


理由の1つ目は「www.google.co.kr」や「translate.googleusercontent.com」などのGoogle翻訳を利用したときのURLからクリックされている場合です。これらはあなたのサイトが海外から翻訳サイト経由でユーザーが閲覧し、あなたのサイトに翻訳された海外の広告が表示される為に発生したクリック収益です。


このアドレスからのクリックは今のところ問題はないようで私も無視しています。ただし、無視するかしないかは自己責任でお願いしますね。当方では責任が取れませんので・・・


理由の2つ目は、あなたのサイトをコピーしたサイトがウェブ上に存在していてそこから広告が不正にクリックされている場合です。この場合はアドセンスコードごとコピーされているので要注意です。


基本、アドセンスコードはpubIDと呼ばれる世界に1つしかないIDで管理されていて広告タグの中に埋め込まれています。仮に他の人があなたのサイトのアドセンスコードを無断でそのままコピーして貼っていてその広告がクリックされると、当然、そこから上がる収益は全てあなたの収益としてカウントされます。


それならば「こちらに悪意がなければ、どんどんコピーしてもらって収益を上げよう」と考えてしまうかも知れませんが、アドセンス側はあなたのpubコードが貼られているは全てあなたのサイトだという判断をしてしまう為、実はコードごとコピーされるとアカウントのはく奪などのリスクが高まることになります。


例えば、コピーされたあなたのコードが気付かないうちにアダルトサイトなど規約違反しているサイトに利用されていたとしたらどうしますか?こういう時は一発アカウント削除になる可能性があるので非常に危険な状態ということです。


「お客様の広告は、承認していないウェブサイトに最近表示されました。収益の損失を防ぐには、アカウント設定にアクセスして、広告を表示するサイトを承認してください。」という文章がアドセンスの管理画面に表示された時はすぐに対策することが大切です。


最初はメッセージが出るだけですが、しばらく放っておくと以下のような「1個のアラート」という白抜き警告が管理画面に表示されるようになります。


このまま放っておくと最後はどうなるのかまでは怖すぎて試していませんが、警告が来た時点で早急に対策しましょう。


他人にアドセンスコードを利用された時の対処方法

他人にアドセンスコードを利用された時は、「自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する」というオプションを利用して対処しましょう。この作業を行えば自分の許可したサイトからのクリックのみが自分の報酬になるので、アボセンスなどのリスクを大幅に回避することが出来ます。


それでは設定の仕方を説明していきます。
まずはグーグルアドセンスの管理画面にログインしましょう。その後、下の画面のサイドバーにあるで囲まれた「アカウント設定」ボタンをクリックします。





移動した画面を下に移動すると「アクセスと認証」という項目がありますね。
ここが自分のアカウントですべてのサイトの広告表示を許可するとなっている場合は、先ほどのサイトの収益はすべて自分のサイトからの収益であるということになっているので、編集ボタンを押して設定変更を行いましょう。





編集ボタンを押すと以下の画面が展開するはずです。




許可するサイトのドメインを1行に1ドメインずつ入力していき最後に保存ボタンをクリックすれば許可サイトの登録が完了です。この設定を行えばこれ以降はここで許可していないサイトからのクリックがあっても自分の収益に反映されることはありません。


一度この許可サイトの設定をすると、次回以降は以下のような画面が表示されるようになります。不許可サイト(5)というように許可していないサイトからの不正クリックがあると「!」マークで警告してくれるようになります。その際は詳細ボタンを押してどのサイトからクリックされたのかを確認することが出来ます。





以下は詳細ボタンをクリックして開いた画面です。で囲った不許可サイトのリストに万が一許可したいサイトがあった場合は、「許可する」ボタンをクリックするだけで許可サイトのリストに登録することが出来ます。





サイトの認証は、特定のサイトだけに Google 広告コードの使用を許可できるオプション機能です。広告コードが他のユーザーに不正使用されること防ぐことが出来るので、忘れずに必ず設定するようにしましょう。


そもそもこの「自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する」というオプションができた理由は、アドセンス狩りなどのライバルサイトからの悪戯防止の為と言われています。アドセンス狩りとは他人のAdsense広告を何十回もクリックしてアカウントを削除させるというものです。


アドセンス狩りの手法はhtmlソースからadsenseのコードを引っ張ってきて、別のドメインでページを作りそのページから広告を大量にクリックするという裏技です。本人のサイトでアドセンス狩りをするとアクセス解析などで誰がやったかがチョンバレですから別のサイトを作って行うのです。


このように稼いでいる人を見ると気に食わない連中が沢山いますので、何も知らない心の綺麗な初心者の方だと気が付かないうちに取り返しのつかない事態を招くこともあり得るのです。アドセンスをする際は必ずサイトの許可は行うようにしましょう。


他にも「サイトの管理」という項目もあって管理サイトを登録することも出来るのですが、「自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する」だけでも大丈夫です。


          はてなブックマークに追加





SEOはよくわかんねって方は「賢威 (ケンイ)」というテンプレートがおすすめ。上場企業や中小企業のWeb担当者、 個人起業家、アフィリエイターやブロガーなど、2万を超えるユーザーが使っていますよ。

賢威とは、SEO業界で圧倒的な実績を持つ「ウェブライダー」が、 そのノウハウを全て詰め込んだSEOテンプレートパックのこと。

テンプレートのほか、SEOマニュアルとサポートフォーラム(検索で上位表示させる賢威ユーザー限定のサポートフォーラム)もあって購入後のフォローが充実。

開発者の松尾氏とは知り合いでもなんでもなのですが、セミナーに過去2回ほど参加してみて、やり方が似てるなという部分が多かったです。ま、お互い上位表示では長けているので、当たり前っちゃ当たり前かもしれませんが...

テンプレートの価格は24,800円と少々お高め。公式サイトをよく読んで納得してからの購入しましょうね。実用的でないSEOセミナーに何回も出て無駄金と大量の時間を使って結果が出せなかったとなってるのなら、サクッと賢威を買ってSEOは専門チームに全てお任せでもいいのかなと思いますが...

SEOって思ってる以上に難しいです。僕もここまで来るのに10年以上かかっていますし...どっちがお得なんでしょうね。

2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】

サイト情報

いつも当サイトにご訪問下さって有難うございます。Affiliate Helperです、呼びにくいし長いのでヘルパーさんと呼んでください。

日々アフィリエイトを取り組んでいて、ふと気付いた何かを気が向いた時に「ぷぷっ」とネット上にあることないこと情報をまき散らしています。

ここにある情報が役に立つか立たないかはあなた次第という無責任なサイトですが、役に立ちそうな情報があればご自由にお持ち帰りください。

収入の8割はアドセンスなので私はアフィリエイターと言うよりもブロガーなのか!?

物販系アフィリエイトも一応生活できるくらいは稼いでいるので、私もアフィリエイターに入れて下さ〜い(笑)

有料のアフィリ教材やアフィリセミナーには過去一度も参加せず。作業も完全1人(記事の外注や自演リンクは一切なし)費用はほぼドメイン代とサーバー代のみ。

極力費用をかけずにアフィリエイトをチャレンジしたい方向けに体験談を綴っています。


プロフィールはこちら





→Twitterも宜しくです!